WEBでのお申し込みはこちら

このような方におすすめ

  • 社会保険労務士事務所を内部に併設しているが、業績が伸びずに悩んでいる
  • 内部に社会保険労務士資格者がいるため、新しい事業として本格的に立ち上げたい
  • 多くの経営者が悩まれている人事労務分野に参入し、初年度から1,000万円の収益化を目指したい
  • 「働き方改革」という時流に乗り、業界の常識に縛られず飛躍したい
  • 顧問先へ税務会計だけではない付加価値を提案したい

本セミナーで学べるポイント

社内完結型「ワンストップ・サービス」の実現!社労士事務所付加の手法とは?
今、注目されている1つが社労士事務所との提携です。社労士提携による「ワンストップ・サービス」には2種類あります。1つ目は、独立した他士業事務所と連携による案件の紹介をするパターンです。2つ目は、グループ事務所として内部に付加をし業務の依頼をするパターンです。同じ「ワンストップ・サービス」をお客様に提供をしているように思えますが「収益性」「情報管理」「対応速度」といった観点から大きな違いがあります。本セミナーでは社労士事務所を税理士事務所だからこそ付加をするべき理由と成功モデルを事例を踏まえてご紹介します。

助成金事業を1名で年商1,200万!顧問先への提供価値から考える社労士付加とは?
社労士を雇用し顧問先に紹介しても売上は上がりません。貴事務所の強みに応じた”社労士付加”をする目的や意義、顧問先に提供したい価値を事務所方針として落とし込む必要があります。本セミナーでは、社労士部門を付加した後、どのような事業戦略を描けば業績アップ出来るのか、成功事務所に基づいたノウハウをお伝えいたします。

効率的にお客様へ高い付加価値を提供するための業務設計とは?
社労士付加の効果を最大化するために、業務フローやプロセスの定義を明確にした上で、効率的にお客様へ高い付加価値を提供し、収益性の高い事務所作りに向けて成功のポイントと、失敗に繋がるケースをご紹介します。

確定拠出年金で継続的に月商100万円達成!!今、注目の商品とは?
財務面からアプローチが可能な会計事務所と親和性の高い助成金や確定拠出年金、社労士業界のトレンドである労務監査といった商品を展開する方法を成功事例事務所の事例を参考にご紹介します。

「働き方改革」という時流を乗った事務所作りのポイントとは?
士業の時流は”法改正”で決まると言えます。いま、最もインパクトのある法改正は「働き方改革」です。この時流に乗っかるか否かでお客様に提供できる価値も今後大きな差が開いていくことは間違いありません。今後新しい顧問先獲得や、既存の顧問先に対する付加価値は一層求められることになり、従来の税理士事務所の業務だけではなく新しい領域へのシフトをしていくために、税理士業界の課題と「働き方改革」における社労士業界の動向について解説いたします。

WEBからのお申し込み

本セミナーの概要

会計事務所向け社労士付加セミナー
(セミナー番号:S056973)

日程 東京:2020年3月7日(土)
東京:2020年3月28日(土)
大阪:2020年4月10日(金)
東京:2020年4月25日(土)
時間 13:00~16:30(受付開始12:30~)
場所 船井総合研究所 東京本社
船井総研淀屋橋セミナープレイス
アットビジネスセンター東京駅八重洲通り 601号室
料金 一般企業:30,000円 (税込 33,000円)/1名様
会員企業:24,000円 (税込 26,400円)/1名様
※ ご入金の際は、税込金額でのお振り込みをお願いいたします。
※ 会員企業様とは、FUNAI メンバーズ Plus、各業種別勉強会にご入会中の企業様を指します。

※キャンセル料について
お客様のご都合で参加を中止される場合は、下記のキャンセル料をお支払いいただきます。
なお、キャンセルは、平日(月曜〜金曜)9時30分〜17時までにお電話にてご連絡くださいますようお願いいたします。
【キャンセル料】
■セミナー開催日から3営業日(土・日・祝除く)前の17時まで:いただきません
■セミナー開催日から3営業日(土・日・祝除く)前の17時〜開催前日まで:ご参加料金の50%
■セミナー開催当日:ご参加料金の100%

■講座内容■

第1講座 業績アップしている会計事務所の動向と注目の“社労士付加モデル”とは!?
人口減少・景気後退期を迎えた今、経営者が考えるべき経営指針の1つ”カスタマーサクセス”を重視した経営において、何故、今“社労士付加モデル”が注目されているのか?社労士付加モデルで業績アップに成功している事務所の秘訣をご紹介します。
船井総合研究所 鈴木利明
第2講座 ”社労士付加モデル”で業績アップ出来た要因と成功・しくじり取組の紹介
税理士法人 SS総合会計における”社労士付加モデル”で業績アップ出来た要因と取組を紹介。しくじり経験から成功のポイントまで全てお伝えします。
税理士法人 SS総合会計 代表社員 鈴木宏典 氏
第3講座 ステージ別”社労士付加モデル”の最新業績アップ手法大公開!!
税理士事務所の強み別”社労士付加モデル”と明日から始められる実践的なモデル別の最新業績アップ手法をご紹介します。
船井総合研究所 矢野貴大
第4講座 今、経営者に考えてほしいこと - ”社労士付加モデル”で一番化に向けて -
第二本業の1つ”社労士付加モデル”で一番化するために今、経営者に考えてほしいことを本気でお伝えします。
船井総合研究所 鈴木 利明

お問い合わせ電話番号:0120-964-000(平日09:30~17:30) 担当:セミナー事務局

講師紹介

税理士法人 SS総合会計 代表社員
鈴木宏典 氏

昭和46年4月に地元静岡県の浜松市で、代表の鈴木眞一が創業。経済環境や税制の変化に対応し、会計のエキスパート集団として成長をしてきた。企業会計や税務に関することだけでなく、事業計画の側面からも経営者様をフルサポートするため、平成24年にはグループ会社として新たに社会保険労務士法人 SS総合労務を設立し、がんばる企業の永続的パートナーとして様々な問題解決に貢献している。

株式会社船井総合研究所 士業支援部
グループマネージャー エグゼクティブ経営コンサルタント
鈴木利明

船井総合研究所へ入社後、会計事務所向けのコンサルティングに一貫して従事。士業支援部史上、最速・最年少でグループマネージャーへ昇進、初のエグゼクティブ経営コンサルタントへ昇級し、現在、会計事務所向けコンサルティンググループの責任者を務める。開業直後の税理士へ即効性のある顧問先開拓手法の提案、年商1億円突破に向けた事業戦略の立案及び実行支援、中堅・大手事務所向けに新しいビジネスモデルの構築支援等、会計事務所における業績アップコンサルティングを得意とする。

株式会社船井総合研究所
矢野貴大

徳島県小松島市出身。 新卒では地元の金融機関にて個人・法人営業を行う。今後の経営支援にはHR領域の知識が必須であると感じ、社会保険労務士の資格を取得。その後は地方準大手の税理士法人併設の社会保険労務士法人へ転職。社会保険労務士として1名から500名超といった様々な企業の労務問題を経験後、業界の最先端をリードし、全国の中小企業のHRを盛り上げるべく船井総研にて社労士事務所コンサルティングを行う。現場での経験から商品構築・設計を得意とする。

3月7日(土)の
お申し込みはこちら
3月28日(土)の
お申し込みはこちら
4月10日(金)の
お申し込みはこちら
4月25日(土)の
お申し込みはこちら

※お申し込み期限について
開催の4日前までで締め切らせていただきます。(ただし銀行振込ご希望の場合は開催日6日前まで、それ以降はクレジット決済のみとなります)

WEBからのお申し込みはコチラ
お電話でのお問い合わせ