WEBでのお申し込みはこちら

このような方におすすめ

  • 直近で業績を伸ばしているデザイン系の注文住宅会社の情報を知りたい
  • ローコストはやりたくないが、注文住宅をもっと効率よく売りたい
  • 自社に明確な商品がない・加盟FC商品がうまくいっていない
  • 新規集客が以前より落ちている・その理由がわからない
  • 増税後の打つ手を模索している・どうするべきか迷っている

本セミナーで学べるポイント

デザイン住宅50社分の選りすぐりの成功事例が聞ける
1拠点・50棟・売上10億円を目指すデザイン系の注文住宅会社の経営者が集まり、「成功した取組みや失敗談などリアルな声」を聞くことができます。

3ヶ月で来場100組、今一番集客できるモデルハウス
今や住宅業界で絶対に必要なモデルハウス。ただ、モデルハウスを建てたが上手くいっていない会社も大勢あります。では、どのようなモデルハウスがオススメなのか、なぜ成功しているのか、ポイントをわかりやすく解説します。

来場者の8割以上がWEB予約。圧倒的に予約が入るHP戦略
来場予約集客とは?と思っている経営者の方は参加する必要あり。デザイン住宅の業務効率を進めていくには、まず集客の心臓部であるHP戦略が重要となります。

打ち合わせ3回でコーディネート確定。デザイン住宅の常識を変えたコーディネートブック
こだわりの注文住宅では、コーディネート打ち合わせは10回以上行う会社様がほとんどです。ただ、それを続けていては、社員が疲弊し、実はお客様の満足度も低下します。働き方改革に対応するには、コーディネートの方法を変えていく必要があります。

社員が定着する良い会社へ
良い家づくりとは、そこに関わる全ての人が幸せな状態であるときに、実現します。若い社員の成長・ベテラン社員が安心して伸び伸びと働ける環境はどのような経営によって実現できるのか、考える場になります。

WEBからのお申し込み

お客様の声

パパママハウスハウス株式会社 代表取締役 山口 勉 氏

デザインには自信を持ち、デザインに強いこだわりを持つお客様を対象にベテランのスタッフが提案をしてきました。
お客様は非常におしゃれな空間を実現することができ、満足していただいているのですが、その提案をできる営業はごく一部の人間でした。更に、お客様のご要望をお聞きしていると、本当に細部までお金をかけてまでこだわるお客様もいらっしゃれば、そこまでお金をかけず、だけど自分たちらしい暮らしを実現したいと考えられる方も多いことに気が付きました。そして、お客様のご要望をお伺いしてそれを形にする注文住宅に加えて、新たなブランドとして提案型の定額制住宅の開発に踏み切りました。
そうすることで、お客様にとってわかりやすいだけでなく、限られたベテラン営業以外でも提案が出来るようになり、会社として安定成長していきたいと思っております。

オプトホーム株式会社 取締役企画室長 田辺 弘幸氏

創業以来1,500棟以上の施工・販売実績を誇る、地元山梨に根ざした住宅総合メーカー。家・街をつくるということは、そこに住まうご家族の暮らしをつくるということ。お客様との夢を共有し、誠実に、また情熱を持って、多彩なニーズにも対応できる住宅とサービスをご提供します。転機は2015年、当時会社は分譲事業から本格的に注文住宅事業を始め、「とにかくお客様の要望に叶う家づくりをしよう」とその一心で、色々な住宅を提案してきました。ただ、仕事はホントに大変。いろんなお客様に合わせて提案するので、玄関タイル1つの種類・色を選ぶのに3時間以上打ち合わせたことも。新人も2人入社され、新人でもわかりやすくお客様に提案できるようにするため、商品の種類を2つに絞り、販売価格を定額にして売り出しました。すると、業界未経験の新人が入社後たった1年で10棟受注。「この大きさ、この仕様で、商品税まで込みでいくら。と伝えことができるので、わかりやすい!」と嬉しい言葉が。現在は社員20名で60棟の完工を実現しています。

エフリッジホーム株式会社 代表取締役社長 遠峰 慶光 氏

家族で営んでいた会社は、紹介受注のみで年間契約数10棟に満たない状況でした。住宅事業に参入した当初はなかなかうまくいかず、フランチャイズに加盟したこともありましたが、フランチャイズの商品は会社にうまくはまりませんでした。累積損失は膨らむばかりで、その額が1億円を超えた時には事業そのものを畳んでしまおうかと考えたこともありました。転機は定額制デザイン住宅ビジネスとの出会いで、ちょうど弟が会社に戻ってくるタイミングということもあったので、思い切って会社の仕組みを整えていくために、商品の開発、モデルハウスの建築、広告への投資に踏み込みました。
今では年間500件を超える資料請求による名簿を獲得することができるようになり、10棟に満たなかった契約棟数も40棟を超えました。更に、ルール化された商品により営業フローを統一できるようになり、新卒さんを4名採用し、それぞれの担当で活躍してもらっています。これからは、もっと好きなことにチャレンジしていきながら、自社のテイストを好むお客様のために家づくりを進めていきたいです。

株式会社EXCEED 代表取締役 冨樫 宜信 氏

EXCEEDは富樫管工建設㈱の住宅事業部として2010年に発足しました。そして、その住宅事業部から2012年に独立したのが株式会社EXCEEDとなります。
富樫管工建設が創業された当時は皆様のご自宅の設備工事を得意とし地域の皆様の水廻りの相談役として修理から増改築等の建築工事まで数多くの仕事をさせいただいてきました。これらの経験から建築主体に考えられる水廻りの配管などの問題、リフォーム時の構造上の問題などを捉え、お客様にとって本当に長く住むことができるストレスフリー&オンリーワンのご自宅という『巣』づくりのパートナーになりたいと会社を設立しました。最初は、5名体制の小さな会社でしたが、今では従業員数も10名を超え、更なる飛躍を目指して、採用計画と新エリアへの出展を目指しています。

オフィスHanko株式会社

2010年にオフィスHanakoを立ち上げ。女性建築士だからこそ提案できる、「暮らしてから120%満足できる家づくり」にこだわっている。定額制ビジネスを始めて1年で新築15棟から30棟に倍増。提案する商品の仕様がパターン化されているため、それまでと比較すると、契約後の仕様打ち合わせ時間も回を追うごとに格段に短くなっていきます。アツいお客様だけで土日のスケジュールを予約来場でいっぱいにすることもでき、おかげさまで営業が4人体制となって受注も伸び、今期は最初の5ヶ月で23棟の受注を達成できています。受注が安定し、以前と比較して社員の負担も少なくなったおかげで、現在ではお客様満足のための活動に取り組むことができています。「注文住宅って本当に大変。これからは先細り産業」皆さんもそう思われているのではないでしょうか?だとすると、とてももったいないことだと思います。ちょっとした工夫で、こだわり注文住宅は、「一気に受注をあげられる」可能性を秘めているのですから。

本セミナーの概要

定額制デザイン住宅研究会説明会
(セミナー番号:S051988)

日程 2019年10月08日(火)
時間 10:30~16:30
場所 船井総合研究所 東京本社
料金 一般企業:0円 (税込 0円)/ 1名様
会員企業:0円 (税込 0円)/ 1名様
■講座内容■
第1講座 事前ガイダンス
研究会の概要説明

株式会社船井総合研究所 住宅不動産支援部 笛吹実
第2講座 デザイン住宅の時流
デザイン住宅で業績伸ばすための戦略

株式会社船井総合研究所 住宅不動産支援部 笛吹実
第3講座 成功事例企業 ゲスト公演
直近で業績伸ばしている会社から成功事例発表

ゲスト
第4講座 情報交換会
各テーマにわかれて経営者同士で情報交換

なし

お問い合わせ電話番号:03-6212-2931(平日09:30~17:30) 担当:山路瑠々

講師紹介

株式会社船井総合研究所 住宅不動産支援部
笛吹 実

関西学院大学卒業後、大手自動車部品メーカーへ入社。入社以来、事業計画策定・投資意思決定に携わる。売上向上による即時業績アップという「攻め」のノウハウを体得すべく船井総研へ入社。
マーケティングによる業績アップ、注文住宅事業新規立ち上げの即収益化に強みをもつ。ビジネスモデルが定着するまでとことん寄り添う支援スタイルはクライアントに定評がある。
年間10棟の工務店から100棟以上の地域一番店まで、お客様に最適な提案ができる注目の実力派コンサルタント。

2019年10月08日(火)の
お申し込みはこちら
WEBからのお申し込みはコチラ
お電話でのお問い合わせ