本セミナーで学べるポイント

サ高住に代わる時流商品を現場視察出来る!
1棟20室1億円の障がい者住宅を2か所視察することが出来ます。供給不足&政府の後押しもあり、全国で急速に増えている時流商品を自分の目で見て頂くことができます。

運営会社の話を聞くことで、いま本当に求められている福祉施設が分かる!
今回の視察ツアーでは運営会社の方のお話を聞くことが出来ます。実際の運営者からお話を聞くことで、いま本当に求められている福祉施設のニーズを感じることができます。

住宅事業と同じ工数で福祉施設を受注する方法が分かる!
3年間で80棟の建築実績に関わった船井総研講師が効率的な福祉施設の受注方法をお伝えさせて頂きます。

WEBからの
お申し込みはコチラ

成功事例もしくはお客様の声

高齢者住宅の提案から障がい者用住宅の提案に切り替え、1年間で7棟3億円の受注

2016年頃、もともと高齢者施設として提案していた案件がありましたが、1年ほど決まらず、提案に行き詰っていました。そこで、船井総研さんからご紹介いただいた障がい者用住宅に提案を切り替えたところ、1年間で約3億円の受注になりました!
2年目は、地域の運営会社に向けてセミナーを継続的に開催し、4.5億の受注。3年目の来期は6.5億円を目指します!

株式会社 大成住宅 代表取締役 望月久雄 氏(静岡県)

注文住宅の会社であっても、福祉住宅事業に参入して、十分成果を上げることができます!

2018年に障がい者用住宅の提案を本格的に取組みを始めました。
注文住宅が主な事業ではありますが、福祉住宅受注も主な事業になってきています。
今年に入り1億円の請負契約をいただくことができました!
また、2018年10月に開催した新築障がい者用住宅見学会では、30名を超える申し込みがあり、そこからの受注も1件獲得!これからが更に楽しみです!

株式会社 ジュンホーム 小沼洋 氏(茨城県)

障がい者用住宅受注だけで2年で5億円の受注を達成!社会的も高い事業だと心底感じます。

参入前、当時年商4億円の注文住宅会社を経営していました。年間で20棟ほどの竣工でしたが、船井総研から障がい者用住宅のセミナーの案内が来ていたので、参加したのがきっかけです。私はまず何でも動いてやってみるタイプなので、取り組んでみようかなと思いました。
月次支援コンサルティングでは、本当に言われた通りにやってみて、障がい者用住宅事業のみで2年で5億円の受注を達成するまでになりました!

株式会社ビーテック 樋口健二 氏(東京都)

このような方にオススメ

  • サ高住が時流の時に経験した受注ラッシュの波にもう一度乗りたい方
  • 住宅事業と同じ工数で大型案件を受注する方法を知りたい方
  • 融資が通りやすい案件を受注したい方
  • 地主に提案する長期安定商品がなくて困っている方

セミナーの詳細

小規模施設の土地活用 視察ツアー
(セミナー番号:S044865)

日程◆2019年4月22日(月)
時間◆13:00~16:30(受付開始12:30~)
場所◆海老名商工会議所
料金◆一般企業:10,000円 (税込 10,800円)/ 1名様
   会員企業:高齢者・障がい者住宅 土地活用研究会会員は会費充当
   二人目以降:8,000円 (税込 8,640円)/1名様
※ご入金の際は、税込金額でのお振り込みをお願い致します。
※会員企業様とはFUNAIメンバーズPlus各業種別研究会にご入会中の企業様です。

お振込先について◆
三井住友銀行(0009)近畿第一支店(974)普通預金 口座番号:5785813
受取人名:カ)フナイソウゴウケンキユウシヨ セミナーグチ
第1講座
サ高住以来の時流商品到来?!
障がい者住宅の市場性

船井総合研究所 土地活用チーム 小屋敷侑太郎
第2講座
運営事業者だから分かる!
建築会社に提案してほしい福祉施設とは

株式会社ソーシャルインクルー 取締役副社長 田中諒 氏
第3講座
明日から障がい者住宅を受注するために
船井総合研究所 土地活用チーム チームリーダー 鈴木精一

申し込みに関する問い合わせ◆山路
内容に関する問い合わせ◆小屋敷
お問い合わせ電話番号:0120-964-000(平日09:30~17:30)

講師紹介

株式会社ソーシャルインクルー 取締役副社長
田中諒 氏

大手商社、大手コンサル会社を経て、株式会社ソーシャルインクルーに役員として入社。運営面だけではなく、経営面や建築不動産分野にも精通している強みを活かし、同社をたった2年で障がい者グループホーム運営戸数全国No.1に拡大。3年以内の上場も視野に日々活動している。

株式会社船井総合研究所 土地活用チーム チームリーダー 
鈴木精一

大学卒業後、金融機関を経て船井総合研究所に入社する。船井総研における「高齢者住宅」「有料老人ホーム」開発コンサルティングの第一人者。現在、医療・介護が必要な高齢者の「住まい」不足を危惧し、その普及に力を注いでいる。 高齢者とその家族、地主、不動産会社、建設会社、介護・医療とのマッチング及び、銀行経験を活かしたファイナンス等々、「高齢者住宅」開発のトータルコーディネートを得意としている。最近では、既存の高齢者住宅、有料老人ホームの活性化(入居稼働率アップ)コンサルティングの依頼が多い。

株式会社船井総合研究所 土地活用チーム 
小屋敷侑太郎

神奈川県平塚市出身。中央大学法学部を卒業後、新卒で船井総合研究所に入社。経営改革コンサルティング事業部、運輸環境グループを経て、現チームに配属。「資産家のお困りごとを土地活用を通して解決したい」を自身のテーマに不動産、相続、空き家対策から建築・建設まで幅広い知識を日々磨いている。現在は、サ高住、障がい者グループホーム、戸建賃貸、空き家など様々な土地活用コンサルティングに携わっている。

一般企業様の
お申し込みはコチラ
会員企業様の
お申し込みはコチラ
WEBからのお申し込みはコチラ
お電話でのお問い合わせ