整形外科医院経営されている方必見! 整形外科医院経営されている方必見!
いまメルマガ登録をすると…
整形外科医院に役立つ
最新時流レポート&運営マニュアル
¥50,000
無料
プレゼント!!

無料メルマガ登録
  • Latest trend report

    整形外科医院経営
    最新時流レポート

  • Special booklet

    さらに飛躍するための
    スペシャル小冊子

ダウンロード特典一覧
  • 最新時流レポート
  • 運動器リハビリ立ち上げマニュアル
  • 理学療法士採用マニュアル
  • 通所リハビリ立ち上げマニュアル
無料メルマガ登録で 合計4つの資料を
無料でまとめてGETできる!

Importance of
Management

「このままではいけない…」
経営の重要性

  • コチラのページをご覧になっている経営者の方は、ご自身の整形外科医院の経営方針・取り組みについて何かしらの課題を感じられたことがあるのではないでしょうか?
    我々、船井総合研究所の整形外科コンサルティングチームは全国津々浦々、数多くの整形外科医院の理事長・院長先生の方にご相談をいただく中で皆様が様々なお悩みを抱えられていらっしゃる事を痛感しております。
    『業績が思うように上がらない』『せっかくいい診療を行っているのに患者様がこない』『スタッフのモチベーションが上がらずマンネリ化してきた』『リピート率がなかなか上がらない』などなどこのままでいいのかと悶々としたお気持ちを抱えて経営をされている方が多いようです。医者として施術を行うプレーヤー・職員をまとめるマネージャー・会社の経営者という3つの顔をもつ整形外科医院の理事長・院長先生の方には日々数多くの課題・問題が発生している為何から手を付けるべきか悩みが尽きないというのが現状だと思います。特に『経営』と『組織運営』については苦手意識を持たれている方も多く、『収益を上げる事』と『患者様にお金をお支払いいただく事』の間で悩んだ結果きちんと収益があがる形になっていない・職員同士がうまく連携できていないという医院様も数多く見られます。
    弊社が作製したレポートを通じて、まずは全ての整形外科医院の理事長・院長先生の方に『経営』と『組織運営』について正しい知識を得ていただけますと幸いです。

Three pillars

船井総研が考える
経営の3つの柱

  • 当社創業者の船井幸雄は、我が国における経営コンサルタントの草分けとして名を馳せるとともに、自らの会社を発展させ経営コンサルティング業の地位向上に貢献しました。また、多くの企業経営者へ経営のアドバイスをする中で、企業の本来の目的は、社会性、教育性、収益性の3つにあると説いています。
  • 収益性 医療機関で収益性を追求するという話をすると、それ自体が悪いことのように受け止められる院長先生がいらっしゃるかもしれません。しかし、整形外科医院の経営において不可欠な「従業員の採用」「機器の購入」など、患者さんによりよい治療を行うためにも、収益をあげていかなければそのような投資を行うことさえできないのです。
  • 社会性 あらゆる企業は、存続するための意味が必要です。そのためには、社会に貢献できるということが求められてきます。言い換えれば、社会に求められない企業は存続しないということです。これは、医療機関でも同じことが当てはまります。人から求められることがなくては存続しないのですから、社会性の追求は必要不可欠なのです。
  • 教育性 船井総研は中小企業のコンサルティングからスタートしましたが、企業は常に人を育成していく教育機関的な役割が必要であると船井幸雄は語っています。医療機関でも、その組織の中で働くことで仕事を覚え、成長していきます。つまり、教育機関としての役割も担っているといえます。
上記の3つを追求することが、地域の方の健康を守りQOL・健康水準を高める整形外科医院を存続・発展させていくための重要なファクターとなります。
その中で先生・代表自身の考えを企業としての取り組みに落とし込んでいく事が船井総研が考える健全な経営です。

整形外科医院を開業した当時の考えをもう一度思い出していただき、今までの経験を上乗せして改めて何を目指していくのか?
再スタートを切っていただくために『最新時流レポート』と『小冊子』を一括ダウンロードできるようにいたしました。
皆様の経営の一助としてご活用いただきたいです。

What can you learn?

パーフェクトガイド&
小冊子では
どのような
ことが学べるのか?

  • 1激動の整形外科業界の今

    • 整形外科業界の今とこれからを見ていきましょう。下記のグラフをご覧ください。これはどのような業界(製品)であっても導入期~安定期までの4 つの段階を経て利用者(整形外科業界では患者さん)数が増え、やがてゆるやかな下降の後、安定していくという流れをたどるということを表しています。グラフに表されている通り、整形外科業界は患者さん数に対して供給が多くなり、競争が激化してきています。皆さんもご存じのとおり、整形外科医院数は6,000件を超え一時期よりは鈍化したといえまだ増加傾向です。また、今となっては半数以上の医院で運動器リハビリが導入されています。こうした激動の整形外科業界で生き残るためには、「差別化」を行うことです。まだ、整形外科医院でも運動器リハビリを導入している医院が少ない地域もある中、運動器リハビリを含めた充実した治療を発展させていくことが、患者さんが来院されるきっかけ「差別化」一つとなります。

    ▼スクロールしてご覧ください

    ライフサイクル
    ライフサイクル図
    導入期成長期成熟期・展開期安定期
    人間なら幼年青年壮年熟年
    特徴 [前期経営環境]
    拡大すればするだけ売上が伸びる時期
    モデル商法・一番主義
    [中期経営環境]
    競争激化の中で生き残りレースが
    展開。力相応一番主義
    [後期経営環境]
    独自固有の長所を有する企業が
    存続し、安定した利益を確保する
    消費者行動 新しい、珍しい
    私も体験したい
    良い悪い、私もほしい
    高いか安い
    好み・予算にあう
    (他の人と違うものも)
    価値観、コンセプトが合う
    あの人から買いたい
    活性化の
    ポイント
    早期参入(ブーム先取り)
    アイディア・開発力
    圧倒的なPR力
    新規客の取り込み
    差別化(専門化)
    力相応一番化(商品・商圏・客層)
    人材育成、ブランド化
    口コミの促進、個別対応のフォロー
  • 2経営の源流となる新患対策

    • どんな業種でも経営の基礎となるのがこの「集患」という考え方です。医療行為である以上、基本的に治療が終了してしまうと患者様は来院されなくなってしまいます。
      また、「腰の痛みが強い」「腕が上がらなくなった」など顕在化した症状が起きないと来院されないという患者様も残念ですが非常に多いです。
      飲食店や小売店であれば、定期的に来店していただくように、さまざまな手法を使ってリピート・固定客化対策を行っていきますが、整形外科医院などの医療機関の場合、いかに集患を持続できるか?が持続的に成長を続ける上でのポイントになってきています。とりわけ、整形外科医院は競合環境が厳しくなってきている影響もあり、集患対策は必須事項となっています。しかし残念なことに、数年前と比較すると新患の獲得が難しい時代に突入してきました。ところがこのような時代にあっても、新患の集患を継続できている(あるいは以前よりも多くの集患増患に成功している)整形外科医院様もあります。この違いはなにか?を「最新時流レポート」と「小冊子」で解説しております。

  • 3キャンセル・中断対策

    • キャンセルや中断が引き起こすマイナス面は、一見見落としがちですが経営として侮ることはできません。
      キャンセルを容認してしまうと、
      ・運動器リハビリの場合は稼働枠に空きが増える事でセラピスト当たりの生産性が減少する
      ・忙しさにムラが発生して、従業員の精神的体力的不満がたまりやすくなる
      ・キャンセル対応とその埋め合わせの作業に手間を取られる
      中断が起こると、
      ・いくら新規集患しても患者数は増えない
      ・治療が完了していないため患者様にご納得いただけず、再診につながらない
      こうした負の側面が医院の健全な経営体質の妨げとなってしまうのです。キャンセル・中断に対する職員や院長の意識レベルを高めるだけでは改善しませんので、医院のシステムとしてキャンセルを減らすことができるような施策を紹介します。

  • 4ファンを増やす再初診対策

    • 一概に患者さんといっても、その状態(ランク)には違いがあります。「一般患者」から始まり、「既存患者」「知人患者」「友人患者」「信者患者」と分類することができます。
      これはこれまでの来院回数や医院側からの価値観の浸透度合い、コミュニケーション頻度、接遇に影響されます。この、一般患者を底辺に、信者患者を頂点に置いたピラミッドが「船井流患者ピラミッド」です。一般患者から信者患者まで「育てる」ことで、医院の安定的な経営の基盤となるだけではなく、紹介経由患者さんの増加にも寄与するため、再初診対策はかかせません。「再初診の重要性をいかに伝えるか?」「患者さんがマンネリ化せずに継続して来院していただけるか?」といったお悩みを解消するための手法を公開しています。

  • 5さらなる高みを目指すための取組解説

    • 差別化の重要性をお伝えしましたが、まずは『運動器リハビリを立ち上げ・発展させていくこと』がポイントです。
      こちらのノウハウは小冊子の
      ・運動器リハビリ立ち上げマニュアル
      ・理学療法士採用マニュアル  に記載されています。

      さらには、最近お問い合わせが多い介護への参入の第一歩として
      ・通所リハビリテーション立ち上げマニュアル  を参考にしていただけます。

      その他にも
      ・自賠責の売上アップ
      ・訪問リハビリテーションの導入
      ・自費治療の導入

      など地域の中での「差別化」を図り、収益性の向上と社会貢献を実現されている整形外科医院様がいらっしゃいます。
      レポートには様々な手法をご紹介させていただいておりますので、ぜひご確認いただければと思います。

Reasons for
improving performance

なぜここまで
整形外科医院様の
業績アップに
成功できたのか?

  • 整形外科特化
    コンサルティングで
    8年の歴史がある

    船井総合研究所の整形外科特化コンサルティングには、8年の歴史があります。これまで全国数多くの整形外科医院様のコンサルティングに携わり、成功した事例やうまくいかなかった事例などをすべて蓄積しています。変化の激しい現代において、過去に成功したことが現在通用するとは限りません。整形外科医院特化コンサルティングチームは、過去にとらわれずに常に最新動向を入手し、時流に沿った成功確率の高いノウハウを提供します。

  • 整形外科医院専門
    コンサルタント7名が
    全国の整形外科医院様をサポート

    整形外科医院経営を専門でコンサルティングしているメンバーが7名います。それぞれのコンサルタントが、集患、採用、組織作りなどの得意領域を持っておりその長所を生かして日々コンサルティングを行っています。

  • 東証一部上場企業、
    78業種以上の業界専門
    コンサルタント在籍の強み!

    船井総合研究所には137の業種特化の専門コンサルタントが総勢700名ほどおり、全国には5600社ほどのクライアント企業様がいます。このような社内環境歯科業界以外の業界との連携を行うことでより質の高い、コンサルティングを行うことができます。

無料メルマガ登録で 合計4つの資料を
無料でまとめてGETできる!
さらに! メルマガ登録をされた方には
無料で経営相談の特典を!!

弊社の整形外科専門コンサルタントが貴院にご訪問、もしくはお客様に弊社までお越し頂き、現在の貴院の経営について無料でご相談をお受けします。専門コンサルタントが担当させていただきますので、どのようなテーマでもご相談いただけます。通常、コンサルティングには多大な費用がかかりますが、無料経営相談ではその前に無料で体験していただくことができますので、ぜひご活用いただければ幸いでございます。